プロペシアの薄毛治療薬の特徴と効果の詳細について

・プロペシアの特徴とは?

プロペシアとは頭髪が薄くなる、ジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモンの量を抑える事で、髪の毛が抜けるトラブルを防ぎます。

※ジヒドロテストステロンはDTHの事です。

DHT自体とは、血液の中にあるテストステロンを、5α-還元酵素が活発化させる事で、生み出されるされる物質です。

プロペシアとは、5α-還元酵素をきちんと妨げてくれます。

この働きが強く影響して、DTHが減って行き、その結果どんなに薄毛が進行していても、改善効果が必ずはっきりと現れます。

本来プロペシアは、『前立腺肥大症』に有効的な処方薬として、患者さんに投与されていたお薬です。

プロペシアを投薬されていた患者さんが、『毛髪が増えるようになった』と言った感想が沢山出で来た事から、注目される経緯に至りました。

研究や実験を何度も重ねて行き、優れた薄毛治療薬として、医療で積極的に用いられるようになりました。

・プロペシアの効果とは?

プロペシアは塗り薬ではなく内服薬です。

成人男性へと1日に1錠を飲ませて行きます。

お医者さんか適切に見極めて、効果の程度をチェックして行き、もし足りたいようなら服用量を増やす場合があります。

但し1日5錠までが限度となっています。

プロペシアとは、毎日摂取する食事のタイミングに一切関係なく、いつでも気軽に飲む事が可能です。

プロペシアは、原則として男性型脱毛症だけに製造されている、特別な処方薬です。

従って別のタイプの脱毛症や女性に対しては、改善効果が必ずしもあるとは限りません。