内服薬と外用薬の処方が受けられる秋葉原中央クリニックの薄毛治療

秋葉原中央クリニックの薄毛治療では内服薬と外用薬の処方を行っています。内服薬では有名なプロペシア、外用薬では発毛剤でもお馴染みのミノキシジルを使用しています。

プロペシアの処方

男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と結合し、脱毛因子を作り出すDHTへと代謝されるとAGA(男性型脱毛症)の症状が始まります。内服薬のプロペシアには5α還元酵素を阻害し、AGA(男性型脱毛症)の症状進行を抑える効果があります。1mgを上限に1日1回服用すると3か月から6か月で効果が出てきます。

薄毛治療は保険の利かない自費診療となっています。そのためクリニックによりプロペシアの価格が異なります。秋葉原中央クリニックでは28錠およそ1か月分6900円となっています。毎日プロペシアの飲む量は殆ど変わらないため、毎月の費用負担も殆ど変わらないです。

ミノキシジルの処方

毛母細胞の増殖により髪の毛が伸びていきますが、DHTの脱毛因子により活性が弱くなることがあります。外用薬のミノキシジルには血管拡張による頭皮の血流改善効果があります。血流改善により毛母細胞が活性化、発毛が促進されます。

1日2回頭皮に塗布すると3か月から6か月で効果が出てきます。ミノキシジル外用薬の価格は1本およそ1か月分で6000円となっています。

併用する薄毛治療

秋葉原中央クリニックではプロペシアとミノキシジルとの併用治療が受けられます。単剤処方より高い効果が期待できると言うメリットがあります。